潮時が来ない

一個人の趣味を垂れ流すブログ。何かあれば✉️かTwitterまで!

在りし日よ #24【ゴーストオブツシマ】


スポンサードリンク

いざ帰ろうと思うと少し勇気がいるのが故郷…だったり?

 今日は意を決して、仁の父上の鎧を継承しに行きます。

f:id:kanaderiko:20200920034710j:image

境井家として、息子として、父上は何を思うのでしょう。

 

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: Video Game
 

 

前記事↓

siodoki.hatenablog.com

 

 

 

 

▼青海寺のミニイベント

政子殿の浮世譚のスポットでもある青海寺に、仁の生まれ故郷である青海村の民が集っていました。

f:id:kanaderiko:20200925131257j:image

どうやら匿ってもらえず立ち往生しているようだったので、仁が仲裁に入る道中イベントです。
f:id:kanaderiko:20200925131301j:image

僧と話し、民を受け入れてもらうことに成功しました。仁が何かあれば駆けつけるとは言え、何事もないのが一番ですが…僧兵を持たないと、こう言うことも起こるのか。

 

▼勝負「飛泉の戦い」

 収集アイテム探しをしつつ駆け回っていることが多いので、慌てて着替えました。

f:id:kanaderiko:20200925131350j:image

話ができる菅笠衆のなんと貴重なことか…
f:id:kanaderiko:20200925131353j:image

f:id:kanaderiko:20200925171554j:image

裏切った菅笠衆の所業に恨みはあれど、その集団に属する個々について思うのは難しいですね。抜刀されるなり、敵意を向けられたら受けて立つ、のはあるのですが。

 

▼故郷に帰ろう

父上の死と共に離れた故郷に帰るのは、プレイヤーからしてもちょっと遠回りしたくなります。

f:id:kanaderiko:20200925131513j:image

いつまでも故郷はあるはずなのに、いざ行こうと思うと少し勇気がいる…。
f:id:kanaderiko:20200925131509j:image

数多の回り道をしたところで、いよいよ青海村へ向かいます。

 

▼境井家の鎧を取りに行け

志村殿が囚われていたからなのか、民の姿はないにしろ蒙古の襲撃もあまりなかったのかな?という状況です。

f:id:kanaderiko:20200925131605j:image

しかし、鎧がない。

f:id:kanaderiko:20200925131602j:image

そこに現れたのは育ての母、百合

仁のことをこれ程案じてくれる存在がいたのですね。
f:id:kanaderiko:20200925131609j:image

急に「境井家の鎧を取りに戻った」と言われて驚くのも無理はないですよね。志村殿に説得されなければ、仁が眠らせておいたでしょうから。

 

▼仁之道「在りし日の亡霊」

鎧を隠してあるとのことで、百合に道すがら近況報告。

f:id:kanaderiko:20200925131635j:image

石川先生ほど、「尊大な振る舞い」が似合う人もいないでしょうなぁ。
f:id:kanaderiko:20200925131632j:image

 鎧を誂えてもらう間に、父上の墓所に向かった仁。

いよいよ、境井家の鎧と対面します。

f:id:kanaderiko:20200925131745j:image

f:id:kanaderiko:20200925131749j:image

鎧を見つめれば見つめるほど、在りし過去の悪夢がよぎる。
f:id:kanaderiko:20200925131752j:image

後悔の念は尽きないのでしょうね。
f:id:kanaderiko:20200925131739j:image

背負う覚悟を決めた仁さんの表情が素晴らしい。
f:id:kanaderiko:20200925131742j:image

 

▼毒という力

もう既によく私が使っている「毒蛇の護符」による毒鈴という選択肢は隠しておいて

ネズミ避けから発想を得て、対蒙古用毒草が使えないかと百合に打診します。

f:id:kanaderiko:20200925131849j:image

百合も幼い頃から仁を知っているからこそ、躊躇いや驚きが強いでしょうね。

f:id:kanaderiko:20200925131857j:image

それこそ、仁さんの目的の一つが打倒蒙古なんで、使える手立てはいっぱい欲しい。

ここでの台詞、「蒙古が若様を変えたのですね」という言葉、すごく重みがあって好きです。世が変わり、蒙古の前での出来事もあるでしょうけど、いかに仁が打倒蒙古の為に全てを捨てたかが伝わります。もしかしたら、本当に蘇った冥人かもね…

f:id:kanaderiko:20200925131841j:image

 というわけで、吹き矢を作ります。

f:id:kanaderiko:20200925131852j:image

この取引は、百合にとっても覚悟のいるものでしょうか。
f:id:kanaderiko:20200925131844j:image

素材を取りに行く前に、竜三との思い出話…竜三め!

素材がある場所は拠点のある川辺だったので、蒙古を刺激することなく隠密で持ってきました(のぼり旗もちゃっかりゲット)。

f:id:kanaderiko:20200925131901j:image

f:id:kanaderiko:20200925131949j:image

仁さんは未だに、厳格だったであろう父上が苦手だったみたいで…。

f:id:kanaderiko:20200925131946j:image

f:id:kanaderiko:20200925131959j:image

道中、百合から聞かされる思い出話だと、仁が恐れるような父上ではなかったみたい?相違があります。

 毒草を得たところで、菅笠衆に試し撃ちさせてもらいます。
f:id:kanaderiko:20200925131956j:image

脱線しますが、菅笠衆って有象無象だからか、それぞれの方針が違いますよね。仲間の仇!って来るかと思えば、褒美狙い!邪魔しおって!とか。いい暮らしはできてるのかなぁ。飢餓には苦しんでなさそうだけど。

 (※毒鈴も毒針も、R15要素だなぁと思います。そりゃあ、敵も逃げるよね…というレベル。)

f:id:kanaderiko:20200925131953j:image

百合の浮世草がその場で発生したものの、取り急ぎ鎧を誂えてきます!

 

 今回はここまで。

 

次記事↓