潮時が来ない

趣味を垂れ流すブログ。※ブログ外関与してません

【小ネタ】「ナツコミ」開催/図書カード新旧比較

 

  

  7月ですね。夏ですね。

 やっとこさ7月開始アニメを棚へ展開し終わりました。7月開始アニメはわたしの担当棚が多いので、なるべく視聴しようと思います。

 ベルセルクを陳列するのが一番しんどかったです。何故38巻(2016年6月現在)までのコミックをアニメ化するし…

 

【ナツコミ2016】

 

 集英社による夏のコミックスフェア「ナツコミ2016」が開催中です。

 

natsucomi.shueisha.co.jp

 

 

前記事で紹介した文庫フェスにも負けないっ! 

siodoki.hatenablog.com

 

 

集英社から発売されている

 ●少年ジャンプ (JC)

 ●ヤングジャンプ (YJ)

 ●りぼん (RMC)

 ●マーガレット (MC)

 

これらのレーベルから厳選された作品がフェア対象書籍となり、ステッカーのついたコミックをお買い上げで購入者特典を書店にて配布します。

 

 さて、このナツコミの購入特典、

今年(2016年度)は 「オリジナル缶バッチ」です。

 

公式サイトの「オリジナル缶バッチ一覧」を見ていただくと“全店で配布されるもの”と、“(店舗によって)種類や時期の違うもの”に別れていますね。

 

これはなぜかというと、書店ごとに注文したセットが違うからです。

例えばアニメ化とか、出版社でセット(まとめて)販売する場合は注文をしないと入荷しません。が、買い切り商品*1でない限りは上限を設けたり数の調整をされるので、全てのセットが揃っているお店があるなら教えて欲しいくらいです。

 

 なので、もし「この作品の缶バッチが欲しい!」という方は、事前にそのお店で

 「○○の缶バッチは入っていますか?」などと訊いていただくと良いですね。

 ただあまりにも各書店まちまちなので、かなり巡ることが懸念されますが…。

 更に注意事項として、あくまで専用のBOXからクジ引き形式にランダムに引いてもらうので、必ずしも欲しい作品の缶バッチが当たるわけではないことはご了承の上で。

 サーチ行為もレジの混雑に繋がりますのでご容赦ください…。

 

【新旧図書カード】

 

 2016年6月1日から、図書カード販売店は全て図書カードNEXT」に切り替わりました。

hello.toshocard.com

 

 そもそも図書カードの歴史の上で「図書カード」と記載されている発売が終了したデザインのカードや、もっとさかのぼると図書券という形式は違っても金券であることと有効期限なしという仕様のもと、まだまだ対応しているのが特徴です。ところで図書券をお持ちの方がいらっしゃるか分かりませんが、差額が発生した場合、現金でお釣りが出るのはご存知でした?

 

 さて。今回の図書カードNEXT」は、図書カードであることには変わりがないのですが、「NEXT」の通りカードのデザインも含め新旧交代が施されました。

 ○カードの仕様:

 (旧)磁気カード。有効期限なし(新)紙素材のカード。有効期限は10年

 ○決済方法:

 (旧)磁気データの読み取り→(新)裏面のQR コードをスキャンして読み取り

 ○残高確認:

 (旧)パンチ穴から推測・又は決済時のレシートで確認や機械で読み取り

 (新)残額・利用履歴をパソコンやスマートフォンから確認する、又は決済時のレシートで確認や機械で読み取り

 ○不具合対応:

 (旧)エラーレシート・エラーカードを郵送するとカードが送られてくる

 (新)エラーレシート・エラーカードを郵送すると残額分をQRコードでプリントした紙が送られてくる

 

 ざっくりまとめると…新カードには有効期限が設けられ、残高をサイト上で確認ができ、不具合時にはQRコードが紙によって再発行される。ってことですね。

 前述しましたが、旧カードの磁気リーダーも備えたカードリーダーなので、今までのものもお使いいただけますし交換対応も継続しています。

 ただ、10年ではあるものの有効期限が設けられたことが特に懸念している点でして、今後「これ使える?」と提示しても有効期限が過ぎていた…なんて事態も起こりうることですね。なんせ図書券図書カードは有効期限がない認識が今まであったわけですから…。個人としてはパンチ式で穴が開かない仕様になった為か、皆さん使い切ってしまうことが多いように見受けられます。

 

 ちなみにサイト上で残高を確認するためには、カード裏面のIDコード(16桁)とPIN番号(スクラッチ式)が必要です。又はQRコードを読み取るとそのまま確認可能

 ↓図書カード公式サイトにあります

  残高照会ログイン

 

 あと注意していただきたいのが、不具合対応で送られてきた図書カードNEXT」QRコードが印刷された紙を、QRコード部分だけ切り取らないように。これはQRコードのみでは何のQRコードなのか分からない為、読み込みはしないと定めている書店があるためです。書店に断られた場合、また郵送してもらうという手間になりかねないので…(変わらず、換金は行っておりません)。

 

 
 図書カードNEXTご利用案内

 

 まだまだ稼動したばかりなので不明な点は出てくるかと思いますが、個人的には好評なピーターラビットのデザインがリニューアルされているのが好みです。

 

 

 

 

 

*1:書店が購入して販売するので出版社に返本不可、よってお客様もキャンセル不可